Bitflyerってどんな仮想通貨なの?

Bitflyer(ビットフライヤー)というのは、2014年に設立された会社です。
急成長している仮想通貨取引所になります。

資本金はなんと41億238円です。
豊富な資金がありますし、SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル株式会社、さらには第一生命、リクルートといったとてもたくさんの企業が株主になっています。
大企業から資本を調達することができている有能な企業なのです。

Bitflyerでは、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、さらにはイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナーコイン(MONA)といったものを取り扱っているのですが、2018年1月には、リスク(LSK)の取扱も行われるようになりました。

盗難補償や不正出金補償もあります。
Bitflyerには最大500万円までの盗難補償、さらには不正出金補償がありますので、取引をする時にも安心です。
Bitflyerへの入金ですが、ネット銀行を利用すると手数料がかからないこともありますので、調査をするのがおすすめです。

コンビニエンスストアから入金をする場合には、324円かかりますので注意が必要になります。
Bitflyerではポイントサービスがあります。
このサービスはビットコインが受け取れるポイントサービスになります。
取引できる資金を増やしたい場合には、Bitflyerのポイントサービスを利用するというのもおすすめです。

Bitflyerではビットコイン専用のネットショップである、ビットコインをつかうというのも解説されているので、ビットコインの価格が上がってきた時には現金化だけではなく、商品を購入できるようになっているんですよ。

ビットコインでの通販が既に実現している、という理想的な状況になります。

利用するメリットはどこにあるの?

Bitflyerのメリットについてご紹介します。
Bitflyerには他にもメリットがあります。
Bitflyerの取引画面においては初心者であっても見やすい画面になっているのです。

一目でわかりやすいように、画面右側にメニュー、中央に資産状況つまり口座の資金、アカウントクラスが表示されます。
さらに右側にはマーケットの状況がしっかりとわかるようになっているのです。

さらに、Bitflyerはセキュリティの面においてもとても安心できます。
Bitflyerが預かっていたり、お客様のビットコイン、日本円といった資産をBitflyerが保有している資産を明確に区分して管理することができるのです。

銀行口座も、お客様別の銀行口座が使用されており、自社の現金や顧客の現金についても異なる口座で分別管理されているので安心です。

取引所選びの判断基準は?

取引所の選び方というのは気になるポイントですよね。
では、どこで判断すればいいのでしょうか。
それでは仮想通貨の取引所というのはどのようにして選べば良いものなのでしょうか。
様々な比較材料がありますので、これらをしっかりと考慮して選ぶ必要があります。

手数料

仮想通貨の取引を行う際の手数料がどのくらいかかるのかとても大きな問題になります。
取引所によって仮想通貨を売買する手数料、そして送金する時の手数料は異なるものです。

そして補償サービスも重要です。
取引所には補償サービスがある取引所もあるのですが、仮想通貨は国が管理しているようなものではありません。
盗難被害にあっても自己責任になります。

自分で管理をするようにして、自分の資産は自分で守る必要があります。
そこで取引所では、保険会社等と連携するようにして、万が一盗難に遭った時の盗難補償を行っているのです。

補償適用の条件などもあるのですが、保障サービスがあるだけでも仮想通貨のやり取りが可能になります。

取引の量

取引が盛んではない取引所もあります。
そのような取引所を選ぶと、取引がなかなかスムーズに進まないこともあります。
手間や時間が多くかかってしまうことになるのです。
取引を円滑に進めたいのであれば、取引量ができるだけ多い仮想通貨取引所を選ぶようにするのが理想的です。

金融庁の登録を受けている業者を

金融庁から登録を受けた取扱業者を選ぶようにしましょう。
仮想通貨交換業者というのは、仮想通貨の取り扱いに関して金融庁から登録を受けている業者にしてください。

仮想通貨交換業者とは異なり、みなし業者であると呼ばれている業者もあります。
みなし業者とは、金融庁には未認可でありながらも申請中だと記載されています。
その間に期限付きで仮想通貨交換の営業を行っている業者になります。

仮想通貨交換業者とみなし業者の数ですが、実は認定された仮想通貨交換業者は17社だけです。
こうしてみると、仮想通貨交換を取り扱う業者はまだまだ多いとはいえないのが現状のようです。

【PR】お金が足りなくなったらクレジットカード現金化

コメント