BitTradeについてチェック

BitTradeのコールドウォレットにおけるセキュリティも安心です。
コールドウォレットというのは、仮想通貨をオフラインで管理している保管場所のことを指します。

他にも、2段階認証もあります。
2段階認証というのは、例えばパソコンとスマートフォンのような2つの端末で認証というのは、簡単に操作できないようにするセキュリティ設定になります。

BitTradeは携帯SMS認証も採用されているのですが、インターネットを利用する時に本人を確認する方法としてスマートフォンにSMSで送られてきた認証コードの文字列を入力するというものです。

さらに、マルチシグネチャを採用しているのも特徴の一つです。
マルチシグネチャとは、セキュリティを高めることによって、秘密鍵を複数設定する仕組みのことです。

BitTradeにおいては、通貨の大半がオフラインの状態になるとコールドウォレットに保管し管理しています。
そのため、ハッキングなどのリスクはとても低い状態であるといえます。

BitTradeの特徴は?

BitTradeのコールドウォレットのセキュリティはとても安心できます。
コールドウォレットは、仮想通貨をオフラインの状態で管理する保管場所のことです。

その他にも、2段階認証もあるのですが、この2段階認証というのは、パソコンやスマートフォンのように2つの端末をつかって認証をしていなければ、操作できないようにするセキュリティ設定のことをいいます。

BitTradeは携帯SMS認証も採用していますが、インターネットを利用する際に役立ちます。
本人確認の方法として携帯電話にSMSで送られてきた認証コードの文字列を、正しく入力します。
この文字列の入力を求める方法です。

さらに、マルチシグネチャを採用していますので、マルチシグネチャとは、セキュリティを高めるうえでシークレットキーを複数設定する仕組みのことです。
BitTradeにおいては、通貨の大半がオフラインの状態になっているコールドウォレットに保管をして、管理しています。

そのため、ハッキングなどのリスクは低い状態になるといえるのではないでしょうか。
最近、仮想通貨取引大手の会社から約580億円という高額な仮想通貨が不正アクセスを受けることで流出してしまった事件がありました。

2014年にも取引所から約470億円以上という巨額の流出があったのです。
取引所を選ぶ際に、セキュリティがどうなっているのか、という視点をしっかりと持つことももちろん重要になるのです。

<>h2BitTradeのメリットは?

BitTradeには他のメリットもあります。
BitTradeでは、ライトコインとリップルの手数料がとても安くなっているのです。
取り扱い通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン(LTC)、リップル(LTC)といった6つの種類になります。

BitTradeにおいてはTradingViewと呼ばれるツールも使用できるようになっています。
このツールでは、通貨ペアの比較分析も簡単になっていますし、数多くのテクニカル分析を使用できるようになっているのです。
この機会に、BitTradeの活用について検討をしてみるというのも良いでしょう。

仮想通貨交換業者の必要性とその選び方

仮想通貨を保有するためには、信頼することができる仮想通貨交換業者を選ぶということからはじめます。
ここでは、仮想通貨交換業者を選ぶ時のポイント、そして取引所や販売所の違いについてもしっかりとチェックしていきましょう。

まず、仮想通貨交換業者を選ぶときのポイントです。
仮想通貨を保有したい場合には、まずは正式な認可を受けている国内の仮想通貨交換業者から選ぶようにしましょう。

特に、金融庁の審査が厳しくなっている2018年以降に認定された業者に関しては、これまでよりも安全面において信頼できるのです。

その他には、日本仮想通貨交換業協会に加盟をしている業者を選ぶようにしましょう。
同協会から認定されている仮想通貨交換業者であるというのも、安心できる業者選びの大きなポイントになります。

そもそも仮想通貨販売所についてご紹介します。
仮想通貨販売所とは、文字通り仮想通貨の販売の全てを行っている窓口となるものです。
仮想通貨を購入する場合には、仮想通貨交換業者が運営をしている販売所を使用して、業者から直接購入するというのが一般的です。

販売所を利用する場合には、販売所にアカウント開設を行い、日本円やビットコインといったものを送金し購入していきます。

販売所のメリット

販売所のメリットとしては、自分の好きな時に、購入できる点があります。
販売所での売買というのは、口座開設も操作方法もシンプルなものが大半です。
インターネットを利用するのが苦手な人でも問題なく操作できます。

購入した仮想通貨は、そのまま販売所のウォレットを保管できますし、そこから色々な場所に送金できるのです。

【PR】オンラインカジノは実は仮想通貨が使えます!

コメント