DMMBitcoinについて教えて!

DMMBitcoin(DMMビットコイン)ですが、もともと株式会社テコテックが運営をしていた取引所に対して、DMM FXグループが子会社化した取引所のことをさします。
DMM.comグループの一事業になっていますので、資本金という点においても圧倒的な信頼感があります。
DMM FXグループが運営をしているDMM.com証券のFX口座開設数においては国内でもナンバーワンになります。
こうした会社に運営されていることによって利用者はより安心感を得ることができるのです。
たくさんの通貨ペアを売買できるようになっているんですよ。
仮想通貨を売買する際に、通貨ペアが多い場合には、それだけチャンスが訪れる可能性がとても高いといわれています。

DMMBitcoinは、ビットコイン、ライトコイン、ビットコインキャッシュといった取扱通貨ペアに関してはなんと14種類にもなります。
取引のツールも十分に備えられていますし、PCでもAndroid、iOSにおいても取引ツールを利用できるのです。

PCツールでは、一画面で取引アイテムが集約されています。
スマートなインターフェイスになっているのです。
Android、iOSにも対応しているアプリであっても、PCに負けないくらいの機能が搭載されており、とても便利なのです。

便利な理由はなに?

ホーム画面はシンプルで見やすいものとなっています。
そして、通貨のスプレッドや価格がすぐにわかるように作られているのです。
チャートに関してもとても簡単に確認することができますし、注文画面も見やすいものになっているんですよ。

スマートフォンからでもスピード注文ができるようになっています。
DMMBitcoinでは、LINEからの問い合わせをすることも可能になります。

この方法での問い合わせは使い勝手がとにかく良いですし、返信も早いので便利です。
土曜日そして日曜日も含めいつでも安心して24時間サポートになっているのです。

メリットはなに?

DMMBitcoinのメリットについて考えてみましょう。
様々な手数料が無料となる特典があります。
例えば日本円の出金に関してなのですが、日本円出金を行うと手数料がかかる取引所もあるのです。

しかし、DMMBitcoinでは無料となっています。
クイック入金にも対応していますし、日本円のクイック入金も無料となっています。
さらに、日本円の取引手数料も、振込入金に関しても無料になっていますよ。

口座の開設を申し込んでから、本人確認の書類が届くまでの期間もとにかくスピーディになっています。
数日で書類が到着しますので、取引をできるだけ早くはじめたいと思っている方にとっても納得できるスピードだと思います。

仮想通貨交換業者について

仮想通貨交換業者は今後どうなっていくのでしょうか。
金融庁から正式に認可を受けているような仮想通貨交換業者というのは、これから増えていくものなのでしょうか。
そして全ての業作yは安全だといえるのでしょうか。

まず、現在金融庁の審査ハードルというのは高くなっています。
仮想通貨交換業者やみなし業者が少ない理由は、金融庁の認可審査がとても厳しくなっているからです。
仮想通貨が一時大きな話題となったのですが、その頃には現在よりたくさんのみなし業者がありました。
仮想通貨交換の取り扱いを行っていたのです。

中には、運営体制が整っていないままで交換を行っている業者もありました。
そのため、金融庁が認定の判定を引き上げたわけです。
その結果、取引所を閉鎖し、申請を取り下げた業者もたくさんあります。

日本の仮想通貨の立ち位置

日本は仮想通貨先進国なのでしょうか。
仮想通貨はまだ新しい技術です。
そのため、最新の動向について国も情報を集めています。
そして投機性の高い制度の規制を行っており、運営元の管理体制に関してもとても厳しくチェックされています。

こうした仮想通貨取り引きを行っている業者に関する審査、運営における規定をしっかりと設けている国というのはまだまだ少ないです。
世界では仮想通貨の規制、制限だけが線香していますが、セキュリティ面においてはまだまだ追いついていない販売所もたくさんあるのです。

仮想通貨の安全な流通のためにしっかりと取り組んでおり、リスク管理に疑問が残ってしまわないように努めている日本は、仮想通貨における先進国であると判断しても良いでしょう。

また、金融庁認定の業者が扱っている仮想通貨が必ずしも安心とは言い切れないのです。
仮想通貨交換業者として、金融庁から認定されている業作yは、信頼面において一定の基準をクリアしているのです。

仮想通貨は値動きの変動もとても激しくこれからの動向次第でどのコインが残っていくのかははっきりとわかりません。
仮想通貨を購入する時には業者をしっかりと吟味して選ぶというのも重要ですが、仮想通貨そのものの現状把握もとても重要になります。

コメント