QUOINEXってどんな仮想通貨なの?

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の運営をしている会社ですが、Quoineという会社になります。
この会社は2014年にシンガポールにおいて設立されている会社になります。
現在、本社は日本にあります。

QUOINEXは日本の取引所ではなかったのですが、昔から日本国内における展開にも力を入れてきています。
この取引所に関してですが、海外展開を盛んに行っているという特徴があるのです。
米ドル、ユーロ、円、オーストラリアドル、香港ドル、シンガポールドル、インドルピー、中国人民元といった主要なくにの通貨の大半は入金することができますので、とても利便性が高いです。

取引所の規模は世界的に見てもとても大きい方になります。
24時間365日対応可能になります。

QUOINEXのクイック入金というのは、24時間365日対応できるようになっているんですよ。
セキュリティについては、マルチシグネチャが採用されています。
マルチシグネチャとは、セキュリティを高めるために秘密鍵を複数設定している仕組みのことになります。

そして、コールドウォレットもあります。
コールドウォレットというのは、仮想通貨をオフラインで管理している保管場所のことをさします。

さらに、2段階認証もあります。
2段階認証というのは、2つの端末において認証をしなければ操作できないようにしているセキュリティ設定のことになります。
こうした備えがあるので、セキュリティについても安心ですよ。

QUOINEXはiOS・Androidともにスマートフォンに体操しています。
専用アプリがあるというわけではありませんが、入金の際の取引手数料は、たいがいは無料となっています。
取引手数料ですが、ビットコイン/日本円の取引であれば、無料となっています。

ビットコイン/外貨、ビットコイン以外の仮想通貨/日本円における取引の場合には、0.25%の手数料がかかります。
イーサリアム/外貨とイーサリアム/日本円の取引であればとても安くなりますので、0.1%の手数料で済むようになっているのです。

QUOINEXの会員登録は即日可能になっています。スナップアップ投資顧問も推奨通貨です。
5分もあれば登録ができますし、それから2週間から1ヶ月ほどかかって住所確認の書類が届くのですが、はがき到着から仮想通貨の取引は可能となります。

QUOINEXのメリットって?

QUOINEXのメリットについてご紹介します。
QUOINEXには他にもメリットがあります。
QUOINEXのサイトは日本語対応ですのでとても安心して、便利に利用することができます。

さらにはLINEでの問い合わせでもサポートが対応しているので、わからないことなどがあれば、すぐに対応してもらうことができます。
自身の取引所としてQUOINEXを利用することを検討してみるというのはとても魅力的です。
是非試してみてはどうでしょうか。

仮想通貨取引所の選び方

仮想通貨取引所には、取引所形式のものと、販売所形式の2種類があります。
そして結論からいうと、取引所形式のものがおすすめです。

取引所形式というのは、ユーザー間の取引を成立させる仲介役としての役割をもっています。
販売所形式は、販売所から通貨を購入する、というタイプになります。
これらの形式の違いから、取引所形式のものは、割安に購入することができます。
販売所は割高で購入することになるのが一般的です。

初めて開設した取引所が、販売所形式だった場合には、割高で購入することになってしあみます。
開設する前に取引所の形式は必ずチェックしておくようにしてください。

また、2つ以上の口座開設がおすすめです。
仮想通貨取引所によって取り扱いの通貨というのは違ってきます。

複数の口座を開設しておくことで、主要通貨をある程度購入できます。
一つに絞らないのが理想的だと思います。

また、ひとつよりも複数の口座に資金を分配しておくことができれば、リスクヘッジにも繋がります。
資産をより安全に守ることができるのではないでしょうか。

僕自身は、国内取引所の上位にランキングされる10社は、全て開設しており、その中から実際に取引を行うのは数社に絞って行うようにするというのがおすすめです。
分散できるのと同時に、複数の通貨を購入できるメリットがあります。

ただ、海外取引所はハードルが高くなります。
初心者の方にとっては海外取引所というのはハードルが非常に高くなりますので、あまりおすすめできません。

海外取引所は、基本的に日本語対応がなされていませんし、日本円で入出金をすることができません。
さらに、全く価値のない通貨なども取り扱っているのが特徴なのですが、場合によっては詐欺コインの可能性もあります。
仮にその通貨を購入した場合にはお金がなくなってしまうことになりますので、慣れてkいてから海外取引所を使用するというのが良いと思います。

コメント