Zaifって?どんな特徴があるの?

Zaif(ザイフ)の運営会社は、テックビューロ株式会社になります。
この会社は2014年6月に設立された会社になります。

資本準備金を含んだ資本金というのは、8億3,013万円になります。
そして、2017年9月に金融庁となっており、仮想通貨交換業者として正式に登録されているのです。

手数料の安さ

手数料が安いというのは最大の特徴です。
Zaifは手数料が安い取引所になります。
ビットコイン、そしてモナーコインの手数料というのは、驚くべきことにマイナス0.01%なのです。
これは驚きですよね。
これらの通貨は売買をすることによって、手数料を払うのではなくボーナスがもらえるということになります。

さらに、Zaifでは仮想通貨の積立ができるようになっているのです。スナップアップ投資顧問はこれもやってますね。
Zaifコイン積立と呼ばれるこのようなサービスは、毎月一定の金額が指定されている銀行口座から引き落とされているのです。
自動でその分の仮想通貨を購入してくれるサービスとなります。

毎月一定額を買い続けるこの方法の場合には、ドル・コスト平均法という投資手法となっています。
おなじ金額を買い続けることになりますので、当然相場が上がれば少しだけしか購入することができません。
そして、相場が下がればたくさん買うことができるのです。

このようにして平均購入単価の平準化を図ることができるのです。
価格変動リスクを抑える購入方法になります。
この手法を活用すれば、たとえ価格が上下することがあったとしても、長期的に安定した利益を得られるローリスクの運用が可能になるのです。

Zaifは主要通貨だけではなく、企業が独自発行をしているトークンと呼ばれる仮想通貨も取引可能になります。
それぞれの企業の活動が評価されることで、企業のトークンの価格も上がる可能性が十分にあります。

Zaifのメリットって?

Zaifには他にもメリットがあります。
Zaifは信用取引において仮想通貨を売買できます。
ではZaifの信用取引とはどのような取引になるのでしょうか。

それは、証拠金を預けることによってそれを担保として仮想通貨をZaifから借りて、借入れたビットコインを運用します。
そすうることで、利益を出す取引のことです。

さらに、Zaifの信用取引は最大7.7倍まで可能となっています。
自分の資金より大きな取引が可能になるのです。

セキュリティの面でも安心なんですよ。
バックアップデータやユーザー情報といったものの管理が強化されているのです。
取引所システムは外部から遮断されており、オフライン保管もできるようになっています。

国内外の不正検知対策やマネーロンダリング対策においても対応されているのです。
Zaifを取引所として活用することを検討されているのであれば、是非試してみる価値があります。

取引所を選ぶ時の重要ポイントは?

取引所を選ぶ時には、使いやすいのかどうかを必ずチェックしておくようにしましょう。
誰がみてもわかりやすい取引所のアプリなのであればやはり安心だと思います。

また、PCで使いやすいか、アプリはあるのかどうか、画面はみやすくて操作はシンプルなのかも重要になります。
実際アプリがあっても使いにくいものであれば全く意味がありません。

せっかく開設した取引所にアプリはあっても、そのアプリが使いにくいというのであれば意味がありません。
操作がわからないと、どうやって注文すれば良いのか、どう決済すれば良いのか、そもそも送金の方法すらもわからないということがあります。

そして割安でお得に購入できるのかも重要になります。
とにかく割安で通貨を購入したいと思うのであれば、取引手数料が安くてスプレッドが狭い取引所を選ぶようにするべきです。

取引手数料は、売買をするたびに発生する手数料になります。
スプレッドは買値と売値の差額のことを指します。

いくら取引手数料が無料であったとしても、スプレッドが広いような場合には割高で購入することになるのです。
スプレッドが狭くても取引手数料が高い場合には、取引する度に毎回手数料が高くなってしまうことになります。

なにも知らないうちは、割高な取引所で購入していたものの、ある程度知識が増えてくると割安な取引所を選び、取引するようになります。
それならば、できるだけ最初から割安な取引所を選んだほうが良いのではないでしょうか。

そして取り扱い通貨が多いか、主要通貨を購入できるのかも重要なポイントになってきます。
取引所によって取り扱いの通貨というのは大きく異なるものです。

最初は、ビットコインや有名なアルトコインのように主要通貨を購入するという人が多いと思います。
ただ、主要アルトコインを取り扱っていない取引所もあるのです。
そのような通貨を購入できるものなのかを知っておくことで、後々になって新しく口座を開設しなくてもすむようになります。

ただ多いだけではなく、人気な通貨、自分が購入したい通貨を取り扱っているのかもしっかりとチェックしておくようにしましょう。

コメント